スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
MGキュベレイ (ファンネル篇)
キュベレイとガンダムを同時進行していましたが
どちらもズルズルと完成が遅れそうなので
ここからは当初の予定通りキュベレイを優先して進行させていきます。


強度が弱く、多くの人がパーツ破損した部分が「股間軸&胸から胴体を繋ぐボールジョイント軸」
です。

股間軸の補強は済んだので胸部の補強します。
IMG_0870.jpg
軸上部のプラ厚が薄いのでプラ版を張り足し
2ミリのシンチュウセンを打ち込みました。


HiQパーツで販売させているキュベレイ用の金属パーツ
「Fビット」¥2,100円(10個入り)
IMG_0865bg.jpg
高価ですが思い切って購入!


2パーツ構成
IMG_0867bg.jpg

キットとの比較
IMG_0868bg.jpg


ホームページの説明ではネオジウム磁石で取り付けできると書かれていたので
2ミリ×2ミリサイズのネオジウム磁石(10個入り)を購入。
IMG_0864.jpg

が、

しかし、

くっつきませ~ん。(涙 

これはファンネル側とリアアーマー本体基部の両方に磁石を組み込んで
取り付けれるということだったんですね。

ビット本体に直接くっつくと思っていたので
(10個入り)を1セットしか購入していませんでした。
倍の20個いるではないか!
どうしよう、足らん(滝汗

ここはアイデア勝負!

ビットの底穴に磁石に反応するスプリングを入れて接着。
IMG_0869bg.jpg

リアアーマー基部に接続するkotobukiyaの「モビルパイプ」
にネオジウムを組み込み接着。

くっつきました。^^ 
IMG_0874bg.jpg

こんな感じになりました。
IMG_0871bg.jpg

次回もHiQパーツ製品を使用した製作記を予定。
ではでは~。
スポンサーサイト
2009/09/20 | キュベレイ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。