スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
バインダー用3連バーニアの組立て&取り付け
昨日の続きです。

磨き出ししたバーニアをエポキシ系の接着剤で固定しました。
IMG_1000bg.jpg
使用しているエポキシ系接着剤は2分ほど経過すると”ねばり”がでてくるので
内部バーニアとICソケットを中心に微調整させます。
5分ほど経過すれば”ねばり”が固まるので、それまでに何度か微調整させます。

後部にバーニア付属のパイプ(本当はICソケットの位置に取り付けるパーツ)を
キュベレイのバインダー内部パーツとの接続用軸として利用します。
IMG_0998bg.jpg

再塗装した内部パーツ
IMG_0989bg.jpg
急遽、金属製バーニアに変更したため
接続部分の穴をバーニア軸と同じ2ミリの穴にサイズ変更させます。

しっかりと固定させることができました。
IMG_1004bg.jpg
小さいフラットスラスターは軸を取り付けるスペースがありませんでしたが
接着剤に水あめのように”ねばりっけ”があるので点付けでも大丈夫でした。^^

点付けする部分も中央に穴を空けておくと
多すぎた接着剤の逃げ道になるので
横から「ムニュ」っとはみ出る危険が軽減できます。

これを4セット製作。けっこう手間がかかる作業でした。(汗
スポンサーサイト
2009/11/18 | キュベレイ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。